FC2ブログ
錦繍
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間と同じで、猫もね、人に危害を加えられたり、兄弟がカラスに襲われたところを見たり・・
そうするとね、警戒心が強くなるみたいなんだよね。
人間でもさ、猫が嫌いな人っているじゃない?
蹴飛ばしたり、大きな声で怒鳴ったり。
その経験を続けてると、人間全部が信頼できなくなるんだよね。
美味しいえさでおびき寄せて、保健所につれてかれたらたまんないしさ。

でもそういう猫もね、この人なら大丈夫って思うと、心を開くんだよね。
最初は人差し指と猫の鼻先の接近遭遇からはじまって、喉元触らせてくれたら、今度は・・・
その猫によって触っていく順番違うから、試行錯誤だよね。
いきなりその猫のいやなところ触っちゃったら逃げられるしね・・笑。

本当にその猫と仲良くなりたかったら、気長に気長に、猫の心が開くのを待つんだ。
言葉で話しかけるより、第三の目を使うと、案外猫には通じる。笑
○○しなさい、っていうんじゃなくて、~~なので、○○してください、って感じでね。

でもそれは、猫の話。
人間の、あなた相手じゃ通じないんだよね。
気長にあなたの心が開くまで待とう、って思っているけど、あなたの周りの人たちが、いつも離そう、離そう、ってするみたいでさ。
見張られてる気持ちになる。
それがあなたの意思の元なのか、あなたのバックボーンのしきたりなのか、それはわからない。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。